円滑で安心な相続の実現に弁護士への相談

相続に於いては、これまでいくら仲の良い家族であっても揉めるケースが少なくなく、最終的には裁判所のお世話になったという話も珍しくありません。

その為、自分の死後残す家族と自己の財産を考え、トラブルなく円滑に相続が実現できるよう弁護士に相談して用意周到に生前対策を講じられる方も多くなっています。

あなたにオススメの教えてgooに関して最新情報を教えます。

そして、相続トラブルを回避するには有効な方法としてまず遺言の作成があり、この遺言には自分の最期の意思に沿って法的な効力を発生させる為に正確な書式要件がある為かなり慎重な作業を要します。



また、民法上には遺言方式が幾つかあり、普通方式と特別方式とに分かれ、一般的に用いられる普通方式の中でも自筆証書遺言と公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。これらの3つの遺言の違いはその秘密性と保管性を保つ度合いが異なり、自筆証書では自ら作成する為秘密は保てますが保管が難しく、公正証書の場合には保管は保たれますが、立会人を要する為秘密が漏れる恐れがあり、秘密証書では秘密・保管共ににある程度保てるという性質を有しています。
このことから、これら3つの内でどれが自分にとって最適な方式であるかは財産の状況や意向によりケースバイケースで、弁護士に相談した場合にはその選択をはじめ正確な書式等のアドバイスが受けられます。

相続とはがオススメです。

また、弁護士への相続相談では更に進んで死後自分に代わって遺言の内容を実現する遺言執行者としても依頼ができる為、最期の意思を正確に実現可能であること他、法に従い忠実な業務が行われるためトラブルが少なく安心して任せられます。